日々是肉球

<   2014年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧




飯舘村 レンタカーでゴー2 2014.7.20

飯舘村のお隣、川俣町から除染作業の真っ黒なフレコンバッグと「除染中」のぼり旗だらけの国道を暗澹たる気持ちで進み、1軒目、山木屋交差点到着@5:10。おはヨー(おせーよ、かな?)、と雨の庭でカブキちゃんがお出迎え。お腹すいたしょ、待っててね。
b0192980_23583848.jpg
サバも庭の木の下で待つ。
b0192980_23593657.jpg
うみゃいかねー。よかった。
b0192980_2359196.jpg
飯舘村へ向かう山道へ差し掛かるところで、道端にちょこんと座る茶色の母さん猫と、グレーの子猫発見。
b0192980_065332.jpg
車を停めて急いでウェットを準備したけれど、斜面をてとてとと走り去ってしまった。どこでごはんにありつけてるだろう・・・子猫が無事育ちますように。(後日補記:日比さんのブログを拝見、”比曽坂のチョコ色猫”のようでした。今度餌場を教えていただこう。)

2軒目、GS横。いないなあ、と見回すと、先週と同じ場所に茶トラ。食べてくださいね。
b0192980_071568.jpg
3軒目、杉林、クルッポとスミダ宅。クルッポはいつもながら嬉しそうにまとわりついてくれる。寂しいかい…置いてって、ごめんね。
b0192980_091614.jpg
スミダはさっと横切った影しかみえず。高カロリーフード置いときますね。

4軒目、長泥ゲート前。ここから先は高線量地帯のため、立ち入り禁止。初めて行くお宅なので、何軒か間違って入ってしまったりして、やっと見つけた。餌場も発見!わーい、このあたりは宝探しみたいな感じです。
メシセット完了、誰もいないなあ、と気配を感じて振り向くと、いた。寄り目のかわいいかわいいシャム母さん。
b0192980_014279.jpg
このときは知らなかったのですが、この子の子猫たちが保護されて、郡山のシェルターにいたのでした。母さん、一人で寂しいね。親子を引き離してごめんね。全部ヒトのせいだね。あなたには、どんな暮らしが幸せなのかな。

子猫たちは今、東京で里親探し中です。どうか、温かい屋根の下で暮らせる日々を。

イノシシが。彼らも毎日被爆している。無人の村で、飼い猫、飼い犬たちが生き抜くのは並大抵ではありません。
b0192980_023591.jpg
5軒目、ムク宅。このあたりも除染まっさかりで落ち着かないだろうに、仏頂面だけど元気で待っててくれた。
b0192980_0244068.jpg
はじめましてのミケも。おだやかでほんとにかわいい顔してる。飼い主さんに可愛がられてるんだね。帰ってくるといいね。
b0192980_0252867.jpg
6軒目、マメ宅。霧雨の中、にゃーにゃー登場。
b0192980_0275145.jpg
立ち止まって、水たまりの水をたくさん飲む。危ないよ、あんまり飲まないで…と言っても、マメは毎日こうして暮らしてるんだ。
b0192980_0294699.jpg
水をとてもとてもたくさん飲む。腎臓が悪いのかな…5分くらい飲んでた。
b0192980_0302938.jpg
マメの庭。
b0192980_0312946.jpg
マメの山。
b0192980_0315453.jpg
こんなにも美しく、溜息。

7軒目、チビ宅。男性がこわいので、夫が近づくとわんわん吠えて隠れてしまった。チビー、お散歩行く?と近付くと、出て来てくれた。
雨がけっこう降ってきたけれど、静かな朝のお散歩。かわいいね、チビ(女の子)。
b0192980_0342768.jpg
チビにまかせると、とても素敵なお散歩コースを案内してくれた。
b0192980_0354470.jpg
b0192980_0355517.jpg
b0192980_03632.jpg
b0192980_0361340.jpg
歩調を合わせてくれる、チビはとてもお散歩上手で、優しい子。ちょっと泣けました。
お散歩から帰ると、ごはん。夫とも仲良くなれた。おやつ進呈。
b0192980_0365115.jpg
8軒目、白たぬ宅。うみゃー。5匹仲良しそろい踏み、寄り添って生きている。元気な顔が見られて嬉しいよ。
b0192980_0392837.jpg
9軒目、小春宅。この日、ドライはほどよく残っていた。ウェットフードをセットして車に乗ると、サビとミケが食べに来た。野生動物に襲われないよう、頑張って…
b0192980_0414238.jpg
10軒目、牛舎のマリリン宅。マリリンにはなかなか会えないけれど、「パッツン」(仮名)くんが今日もいた。おなかすいてるけど、こわいーはよ帰れーという顔でうろうろ、困っている。そんなところもかわいい。
b0192980_0445382.jpg
蜘蛛の巣に雨粒のレースが美しい。
b0192980_0455486.jpg


10軒ですでに8時半、迷ったのもあってちょっとスローペース。気を落とさず行きましょ…幸い天気もわたしにはありがたい雨降りです。

kiii
[PR]



by yun-ron | 2014-07-31 00:58 | 震災

飯舘村 レンタカーでゴー1 2014.7.20

飯舘村への犬猫給餌、自分的10回目。昨年の8月に初めて行ってから四季が巡り、随分経った気がするけれど、まだまだひよっ子です。村の状況は、変わっていません。というより、人が離れて時間が経つほど、厳しい状態になっている。

今回は夫婦でレンタカーを借りて行ってみました。
”チーム銀次”言いだしっぺである浅草ギャラリー・エフのいずみさんとも話してたけれど、チーム銀次は普通の人たちです。

筋金入りのベテランボランティアでも、団体で風を起こせる力のあるNGOでも市民グループでも何でもない。猫好きのどちらかというと団体行動が苦手な一匹猫で、普通にお仕事をやってる人たちが、カメラマン上村さんが一人でひっそり通っていた飯舘村という場所を知り、残された犬猫たちに何かできることを、と思って細々と、各自ができる時に、できる範囲で続けてきたこと。(飯舘村や警戒区域へ今も通うボランティアたちは、そういう方も多いと思われます。)

とはいえ、そんなひとりひとりの思いが繋がって、最初よりは幾分しっかりした木綿糸くらいになって今に続いている。それでもまだ、飯舘村にとっては、そして原発事故、震災の被災地にとっては、とても充分とは言えない支えであることは否めない。もちろん、困っているのは飯舘村だけではなく、被災地では先が見えているところの方が少ないのではないか。震災は、まったく終わっていない。東京の暮らしとは温度が違う。ひとりひとりが、できることを、いっこでもやる。それを続けること。今日、この日の選択のひとつひとつが未来を選んでいるということ。

前置きが長くなりましたが、浅草のニッポンレンタカー(24時間営業、便利!といってしっかり便利さを享受してるな…)で車をピックアップし、0時前、ギャラリーエフで犬猫約100匹分のエサを積み込み、レンタカーの銀次号”レン銀号”出発。
今回もエフの「仁義箱」資金から、フードを購入させていただきました。メシ部の皆様、いつもいつもありがとうございます。

連休の渋滞を避け、常磐道で行こうと計画してましたが、車線変更間に合わず、ああ~いつもの東北道へ吸い込まれてしまった~

途中、SAでドライブのお供をゲット。この納豆、なんと700円くらいします。高!どんだけ美味しいんだろ、とつい買ってしまいました(豆好き)。1g中に納豆菌が20億個活きてるらしいです。いつも思うけどどうやって数えるんだろう。
b0192980_1173466.jpg
しかしこの選択が後にとんでもないことに…(ハンドルを握る手が拭いても拭いても納豆くさい) 凄まじく濃厚な納豆で美味しいといえば美味しいのですが、ドライブのお供にはどちらかというと不適かと思われます。何故SAに売ってるんでしょう。

ETCカードも持ってないので、いつもの福島松川スマートICは使えず、二本松ICで降りる。村に入る前に何とかコンビニ発見@4:00、そのまま駐車場で仮眠。

4:30、目覚ましで起きて、朝食・昼食を調達、村を目指す。田舎の朝の空気はしんとして清々しい。青い朝。

しかし、飯舘村との境界、川俣町の端っこに差し掛かると、除染除染除染。…
b0192980_130762.jpg
どうします、これ。東京に持ってって「都民一人一個ずつ」って責任もって、庭に置けば!ふんがー
b0192980_1301828.jpg


kiii
[PR]



by yun-ron | 2014-07-29 01:42 | 震災

飯舘村 梅雨と薄曇りと猫たち2 2014.7.10

飯舘村役場のロビーをお借りして、お昼ごはんと日比さんへの給餌BOX(美幸さんがプラ衣装ケースにハンダカッターで猫穴をあけた手作り!)贈呈を済ませ、さて午後の部。

23軒目、マリリン宅。気配を感じてふと顔をあげると、ハチ割れが「は!見つかった!」的に。ぱっつーんと真ん中分けで可愛い。メシおいて帰りますからゆっくり食べてね。
b0192980_856074.jpg
24軒目、小春の家。とおーくにミケ発見。まだおさんによる空中に浮かぶ餌場が活躍中、でも最近ドライが何者かに食べつくされているらしい…
b0192980_8592452.jpg
小春の家への道は、紫陽花が溢れる。
b0192980_93499.jpg
25軒目、山裾のシロ宅。庭にカエルが。
b0192980_95186.jpg
池に睡蓮。すてきなお庭です。
b0192980_9103295.jpg
シロ、ぼろぼろに傷ついて弱った姿で現れた。後ろ足の傷はまだ血が赤い。先週美幸さんたちが見た時は元気そうだったとのこと、何があったのか。
b0192980_963514.jpg
あわてて日比さんに電話し、「捕獲できるようだったら」とのことで、ケージとタオルを準備。ちょこっと触らせてくれるけど、抱っこまではできない。最初にエサをあげてしまっていたのでお腹いっぱいになり、みんなの「捕まえたい」オーラを感じてか、去ってしまった…残念。あとでもう一度戻って、おやつで釣ってみたけどダメだった。捕獲は、日比さんにお任せすることに。(翌日、無事保護され、現在入院中です。)

26軒目、白たぬ宅。でかサバ、中猫ミケ3匹が仲良く暮らす。中猫は怖がりなので、遠巻きに見てる。お皿ここに置いときますね。
b0192980_9113353.jpg
27軒目、かわいいチビ。男性が怖い女の子。だいぶ慣れてきてくれました。美幸さんとお散歩。
b0192980_9133961.jpg
チビの小屋の前に、何か赤いものが。血だまりかと思ってびっくりした(靴もあるし)。これは、他の日に他のお宅でも見かけたけど、土の成分…?なんだろう。
b0192980_9155857.jpg
28軒目、マメ。ジョセン土の向こうから、とことこ現れた。
b0192980_9215313.jpg
b0192980_9175278.jpg
ジョセン。今や村内いたるところに置かれているこのフレコンバッグを見ると、胸が苦しくなる。マメだいじょうぶ?
b0192980_9165234.jpg
ここは飯舘村でも線量の高い地区です。一体マメの体に何が起こるのか、村民、通うボランティアたちの体に何が起こるのか、わかりません。そしてこの掘り返した膨大な汚れた土を、どこに置いてどうやって誰が何年管理するのですか、アベさん。
マメは変わらず、たまに帰る大好きなおじいちゃんを待ち、家を守っています。
b0192980_9163411.jpg

ごはんと人恋しく、オレ銀をのぞきこむ。
b0192980_9201368.jpg
季節ごとに色々な花が咲く、マメの庭。ツリガネソウ。花言葉は「感謝」「誠実」だそうな。
b0192980_9295827.jpg
マメの庭からの風景は私も大好きになってしまいました。おじいちゃん早く帰ってくるといいね。
b0192980_9321416.jpg
29軒目、ムク。
b0192980_9371654.jpg
でっかい真顔がかわいいよ。食欲全開。
b0192980_938683.jpg
30軒目、クルッポとスミダ宅。クルッポって実はハンサム。
b0192980_9401450.jpg
スミダは目のしょぼしょぼがなかなかよくならないね。でも食欲はあるようで、良かった。
b0192980_941130.jpg
ここには犬もごはんを食べにくる、と日比さんから情報をいただいたので、奥の犬小屋にもごはんを。

31軒目、GS横。茶トラがじーっと。どこにいるかわかりますか?
b0192980_9444038.jpg


村中こんな感じです。除染でなく、移染。ここにあったら同じでしょう。でもどこかには置かねばならない、それが自分の家の軒下でもいいのですか?原発って、それがOKでなければ無理だと思う。必ず誰かに押し付けてしまうということだから。
b0192980_9465476.jpg


32軒目、山木屋にて終了@15:30。一番早いアガリでした。それでも10時間半、お疲れ様でした。

川俣町の銭湯に寄る。さっぱり~
b0192980_1002844.jpg
道の駅にも寄る。七夕飾りが。このあたりの七夕も北海道と同じ、8/7なのかな?その願い、かないますように。それをかなえるのは人間なんだ。
b0192980_101433.jpg


4年目、飼い猫、飼い犬だった飯舘村の犬猫たちの環境は、ますます過酷になっているように感じます。
メシにありつけるかの他に、野生動物、ノミ・ダニ・感染症の脅威。弱い猫、繋がれた犬はとても脆弱です。
こうしてメシを届け、避妊手術を続けるボランティアも、あと何年続ければいいのか。

そんな先が見えない中でも、黙々、淡々と「今やるべきこと、できること」を続けているボランティアさん、ほんとうにすごいと思います。
それだけに、この状況、早く何とかならないものか。東京オリンピックとかやってる場合なんだろうか。資材と人材が被災地に回らない状況になっていると聞く。
飯舘村の村民の暮らしが復旧することが、犬猫の暮らしの安定になる。

今あるいのちを、あきらめない。

全国のチーム銀次のみなさま、今回もありがとうございました。届けてきました。
しっかりお留守番してくれたうちの猫、旦那さん、いつもありがとう。

kiii
[PR]



by yun-ron | 2014-07-26 10:29 | 震災

飯舘村 梅雨と薄曇りと猫たち1 2014.7.10

6月は飯舘へ行けなかったので、1カ月とちょっとぶりに訪れると、また季節が移ろっていた。

0時過ぎ、浅草出発。オレンジ銀次号(スバルXV)で東北道を疾走するのは本当に楽しい!
ボランティアえらいね、大変だね、って言って下さる方もいますが、楽しくないと続かないのです。
何よりあの猫たち、犬たちの息づかいに会いにいくのが。あの飯舘の自然に会いに行くのが。
そんで自分の立ち位置を考える。そんな感じです。答えは全く出ないけれど。

今回も、浅草ギャラリー・エフに寄せられた仁義募金からフードを購入させていただきました。
ありがとうございます。できるひとが、できるときに、できることを。

朝5時、飯舘村着。小雨模様で、あまり暑くもなく、いい感じです。
須萱1軒目、倒壊した蔵のお宅。片付けが進んでいる様子。家人の方、本当に大変だと思います。我々はひっそり猫にごはんを。
b0192980_232897.jpg
2軒目、朝からお腹すかせて待ってたんだね。お待たせ。
b0192980_2354342.jpg
3軒目、母犬ゴルゴと子どもクロ宅。ゴルゴはとても人懐こくなってきた。ありがとうね。
b0192980_2355977.jpg
4軒目、シロ三毛かあさんが縁の下でお腹を空かせてた。たんとお食べ。
b0192980_2356939.jpg
家のすぐそばには、除染土が見渡す限り黒々と敷き詰められている。これがトキオの毒ですよー本当にひどいことを…
b0192980_002913.jpg
5軒目、ブチ母猫がひょっこり、写真とれず。

美幸さんがそれはもう住民かってくらい道を覚えていて、すいすい進むので、とてもスムーズ。すごいっす。

6軒目、ハイジの家。姿見えず。

7軒目、松塚、クラクションを鳴らすと猫が出てくる家。猫バイキング独り占め。
b0192980_024290.jpg
ジョセン、ジョセン・・・
b0192980_0113155.jpg
8軒目、蔵らの丘。姿は見えず。フードは猫が食べてるっぽい減り方。丘の上の、素敵なロケーションなのです。
b0192980_0135274.jpg
9軒目、ゴンのいた納屋。こういう置き餌、ほとんど猫でないのが食べてるのだろうな…でも命を繋いでる猫がいると思われる以上は。
b0192980_0142927.jpg
10軒目、犬タロウと猫たくさん。シーナさんがタロウとさくっと散歩に行けた!すごいなあ。私はまだ怖い。その間に猫バイキング。わらわら。
b0192980_016820.jpg
タロウもお散歩行って満足。あやこ隊長の差し入れ、骨のおやつを美幸さんが進呈。えへえへ。
b0192980_0194138.jpg
なつこい茶トラ。泥だらけで転げても、人に撫でられるのが好き。
b0192980_0185338.jpg
11軒目、12軒目、日比さんのリリース親子猫宅とそのお隣宅。帰ろうとしたら…いた!急いでウェットフードを置くと、食べにきた。
b0192980_021731.jpg
お庭の子どものカタツムリ。透き通って、きれい。
b0192980_0223655.jpg
13軒目、犬クー宅。小屋からビニールハウスに移動してた。雨風しのげて、良いおうちだね。怖くて、奥のエサ皿がとれず。。うう、ごめんよ。。
b0192980_0244566.jpg
14軒目、黒猫チビとロン、犬チーズ宅。チーズとお散歩。
b0192980_0271125.jpg
草に飲みこまれてゆく家。美しいと思ってしまう。人の世は永遠には続かない。
b0192980_028194.jpg
チビ、へんな顔!ほめてるんだよ。
b0192980_0285339.jpg
帰る気配を察すると、チーズは家の裏にとことこと向かい、うずくまってしまった。諦めが良いのを見ると、ますます胸が痛む。
b0192980_030125.jpg
b0192980_0301174.jpg
b0192980_0303075.jpg
15軒目、お隣のフサとマガリ宅。姿は見えず。

のどかな牧草ロールのように見えますが、ジョセン、ジョセン。
b0192980_0322264.jpg
16軒目、サロン。茶トラとキジがいた。
b0192980_0324916.jpg
17軒目、工務店。姿は見えず。シーナさん、猫の気配を感じて「ごはーん」と呼びかける。
b0192980_034241.jpg
18軒目、アプローチ最長の家。私は初訪問。アプローチというか、これはもう、林道…素敵な道です。が、横にはジョセン土が列をなしてる。
b0192980_0354970.jpg
19軒目、石材店。こちらも私は初訪問。チロと立派な石切ノコギリ。すごい!職人さんの立ち働く工場だったんだろう。偲ばれる。
b0192980_0365315.jpg
20軒目、大火、初訪問。猫には会えなかったけど、かっこいい木。ブナ?
b0192980_0383295.jpg
おーい、と美幸さん。
b0192980_0434062.jpg
紫陽花がそこここに、ちょうど見ごろ。
b0192980_0474233.jpg
みずみずしい。
b0192980_048975.jpg
21軒目、うたちゃん宅。ちょこっとだけ痩せた、らしいけど、夏毛になっただけのような。。
b0192980_050388.jpg
b0192980_0514274.jpg
雨露がぽろんぽろんと、クモの巣。
b0192980_052205.jpg
22軒目、黒猫の小夜ちゃん宅。
b0192980_0541595.jpg
ここは、5月に餌場の牛舎にカラス除けを設置したのですが、人がいなくなると、カラスやアライグマに餌を食べられてしまう・・・ボランティアまだおさんが設置したビデオ画像を見てびっくりした!夜中は野生の王国だ。
http://www.youtube.com/watch?v=NmG-kYg-Qnw
生存競争は過酷だ。小さな黒猫、がんばれ。

ここで11時。少し早目のお昼にしましょうか、と村役場へ。日比さんにも連絡を入れる。
とはいえ、もう6時間回ってる。「疲れた」なんて一言も言わず、屈強な美幸さんとシーナさん!すごいぞ、オレ銀号。

kiii
[PR]



by yun-ron | 2014-07-18 00:46 | 震災

ヒトコトないしフタコトミコト
by yun-ron
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

2017.1.22 飯舘村 ..
at 2017-02-03 00:29
あと7日(猫には1か月相当)
at 2017-01-08 00:53
たきびとたわし
at 2017-01-04 23:30
そして毎日は続いてく
at 2017-01-01 16:02
2016.12.27 飯舘村..
at 2016-12-27 23:50

ファン

ブログジャンル

画像一覧