日々是肉球

<   2014年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧




浪江町「希望の牧場」2014/2/6

飯舘村の翌日、浪江「希望の牧場」へ行ってきました。約360頭の牛たちを原発事故後、生かし続けている牧場です。(近日発刊、JAFMate3月号にも掲載されていますのでご覧ください。)昨日とはうって変わって快晴、少しつららも緩んでいました。
b0192980_293639.jpg
牧場の作業はこんな感じです。

朝8時牧場着。すでに吉沢さんとお姉さんのシズさんはお仕事中。おはようございま~す、と挨拶もそこそこに、まずは牛舎の通路中央にトラクターで撒かれた「もやしかす」を、人力(スコップやプッシャー)で両脇の牛の餌溝へ分けていきます。発酵しているのでとても良い匂いです。

今度はリンゴのしぼりかすを同じように両脇の牛に分けていきます。もやしとリンゴは滑るので、足元注意。

そしてスーパーの廃棄野菜を集めたトラックが到着。カラフルな野菜・果物がドドーッと下ろされるので、トラクターで通路に広げたのち、同じようにスコップなどで両脇の牛へ。
b0192980_275121.jpg

ヒトの世界ではゴミと呼ばれるものが、ここではご馳走。牛たちも配合飼料よりずっと美味しそうに食べている気がします。それでも、このたくさんの牛たちには全然足りないようで、ものの数十分でトラック1台分がなくなってしまいます。
b0192980_281231.jpg

牛たちも好き嫌いがあって、リンゴ、かぼちゃ、さつまいも、にんじん、アボカド、パイナップルなどは大好きのようで、真っ先にボリボリ食べます。残るのが、ショウガ、ごぼう、パイナップルのヘタ。でも、最終的にはきれいになくなるので、しょうがないかー、という感じで食べてるのでしょう、可愛い…猫などにもダメなネギ類は入ってないので、そこはスーパーに配慮してもらっているのかもしれません。

次は干し草ロール。この日はライ麦だそうです。とってもいい匂い。「動物のお医者さん」で良いサイレージはオレンジの匂い、と言ってましたが、ほんとにオレンジの香りです。
b0192980_21081.jpg
b0192980_2103179.jpg


休憩は、吉沢さんお手製(!)薪ストーブで缶コーヒーをあっためながら、暖を取ります。
b0192980_2105047.jpg
原発の横で、薪ストーブ。遠い東京に電気を送るために…エコですね。

この日の給餌はここまで。夏はもう一個ロールがあった気がしたので、餌の量を少し減らしているのか、減らさざるを得ない状況なのか…

牛が水をごくごく飲むイメージ、あまりないですよね?私はなかったのですが、すごくたくさん飲むのです。一日に一頭当たり30リットル必要だそうです!牛が鼻で押せば水が出る水飲み器が設置されていますが、この寒さで凍結…そこで、バケツリレーをして牛たちに水をあげることになりました(第二牛舎の南側は出ていたので、より凍っていた第一牛舎にて)。
b0192980_2112961.jpg
あげたそばからゴキュゴキュ飲んで、あっという間になくなってしまうので、何度も運びました。たくさん飲むのね~!相当喉が渇いていたようです。

私はもともと特段牛に思い入れがあって生きてきたわけではないので、牛は何となく集合体の牛、だったのですが、牧場に来て、牛が野菜をガシュッと噛み砕き、ごっしゃごっしゃと奥歯ですりつぶしているのを間近で見て、音を聴いていると、涙が出てきます。
b0192980_2313621.jpg
この顔!ああこの子たち、生きているんだな、食物を取り入れて、消化して、あったかい息を吐いて…ととても愛おしく思うようになりました。

牛が一頭生きるというのは、ほんとうにデッカイことなのです。水、食料、エネルギー、土地、人の手をたくさん必要とする。マックで100円バーガー、牛丼屋で200円牛丼を出すというのは、それを食べるということは、どういうことなんでしょう。

お昼は、吉沢さん宅にお邪魔して、警戒区域に捨てられていた美猫メイちゃんに癒されながら。
b0192980_211598.jpg

お姉さんの肩に乗るクイちゃん。
b0192980_2125792.jpg

景色も良いし、最高の環境です。庭では牛と、犬のロクと、猫のクイちゃんが走り回っています。その向こうには福島第一原発の排気塔。ここは原発から14kmの現実。

午後は、廃墟になった牛舎周りの粗大ゴミや鉄くず集め。ゴミはキャンプファイヤーに。
b0192980_2132928.jpg
変な色の煙と、ダイオキシンも負けないくらい出てますけど。。放射能とダイオキシン、後者の方が短期間で影響が出そうですが(もうヤケクソ)。。牛もあったかいのか好奇心からか、たき火に寄ってきます。
b0192980_2135295.jpg
焼き牛になっちゃうよ~誰も食べてくれないけどね…涙

汗と日光(私は日光アレルギー…)による体力の消耗がない分、夏よりは体の疲労度は少なかったです(あるいは労働不足?)。でも心は疑問でいっぱいです。いつまで続くの?国はなぜ無視しているの?目をつぶって、耳をふさいで、自分たちは東京で何をしているの?

吉沢さんもいつも明るくお話してくださるのですが、常に「何のためになるのかね?このまま風化して自分たちは忘れ去られてしまうのかね?」と答えのない問いを繰り返していらっしゃいます。

私には今のところ、「また来ます」としか言えません。いやそれすら、自分の積算被ばく量がどれくらい今後影響があるのかもわからないし、約束も保証もできません。でも、自分たちの原発に対する無知と無関心と便利さを追い求める生活のせいでこうなっていることは確かだし、その責任があることはわかっています。この世界を変えるには、まず自分たちの生き方を変えねばならないと。

牛たち、冬毛になっていました。ちょっと毛足が長くなって、特にタテガミのところがほわほわになっていて、とてもあったかそうで、可愛かった。
b0192980_2141727.jpg
私は肉を食べないけれど、君たちのこの命はどういう状態なんだろうね。

夕方18時、牧場を後にして、ヨークベニマルで買いこんだお惣菜で宿にて夕食。明日は午前中だけ牛のお手伝い、午後は温泉にでも寄って帰りますか、と当初は話していたけれど、飯舘村の犬猫たちのことが気になり、よっしゃ、日比さんがなかなか行けない犬の散歩重点で行こう!と、牧場後に飯舘の犬たくさん地区(大倉地区)を3時間程度まわって帰る、と作戦変更。これでこそチーム銀次!

kiii
[PR]



by yun-ron | 2014-02-12 01:10 | 震災

飯舘村day1 2014/2/5

真冬の飯館村へ犬猫に会いに行ってきました。
いつものカフェ(浅草ギャラリー・エフ)に集まる総勢7名、「チーム銀次」で朝3時に浅草を出発。7時過ぎ、村へ入る前の最後のGS・コンビニで朝食をとり、2台は分かれてそれぞれ南北から村を攻めることに(戦)。
現地大先輩ボランティアの日比さんからの情報による40軒ほどの給餌ポイント地図を携えて出陣しました。

私たち「赤銀号」(最強赤三菱アウトランダー)が回るのは約20件、犬猫の頭数に合わせて餌を東京から積み込んで行きました。
大体犬猫ともに、ウェットフード(缶かパウチ)が頭数分(今回は20缶ずつくらい)、ドライは適当に多めに(今回は2kg×5袋ずつくらい)、水道が出ないお宅もあるので、ペットボトルの水を6本持参しました。

そしてポットに入れたお湯がとても重宝しました!
日比さんの知恵ですが、ウェットフードにお湯を混ぜて、あったかご飯にしてあげるのです。
真冬の飯舘村、水は容器に入れたそばから凍ってしまうし、まず水の器の氷をハンマーでたたいて割り出してから補給する、という過酷な環境なのです…この作業、寒冷地実験かと思いました。
飼い主さんがいる時は毎日餌も水も貰えてたでしょうに、こんな状況にしたのは私たち…本当に申し訳ないです。

怖がるチビに優しく話しかけ、散歩まで連れ出すことができちゃった尚子さん。私は何を隠そう犬がちょっと怖くて、散歩むずかしいかも、という犬にはチャレンジできない…ので、すごいなあと思いました。
b0192980_240277.jpg


ハンマーで氷をかちわる寒冷地実験隊のようにかっこいい美幸さん
b0192980_2145134.jpg


さて、給餌ポイント地図に従って餌場に餌を補給していきます。
多くの犬は繋がれたままなので、お散歩に行ける犬は、リードをつけてお散歩に行ってから、水とご飯をあげます。
怖がってお散歩に行けない犬は、水とご飯、おやつでちょっと仲良くなろう作戦。
飼い主も高齢の方が多く、元気な犬の散歩に行くのは結構つらいと思われます。
それだけでもちょっとはお役に立てたかもしれません。
村のきれいな景色と空気の中、犬と散歩するのは格別に楽しいです!
b0192980_225820.jpg

お散歩大好き、チロ。ちょっと痩せたかな?
b0192980_2175211.jpg

線量が結構高い地域もあるので(高くて5~6μSv/h、東京の200倍近く)、そうムハムハしている場合でもないんですが…

気温は-10℃くらいだったのでしょうか、時折晴れるものの、風が強くて指先が痺れます。
尚子さんが思わず「南極物語…」とつぶやいた、地吹雪吹きすさぶ中、犬が4頭繋がれているお宅は本当に寒かった…!
よくがんばってるねえ。
b0192980_2195450.jpg

b0192980_228573.jpg


私も腐っても道産子なんで「寒い」とは言えず、「これくらいねぇ」という”北から目線”(今回の流行語)で黙々と作業してみました。
南極越冬隊の物資補給。
b0192980_221913.jpg


猫のお宅は、餌場にウェットとドライを補給すると、すり寄ってくるなつこい子、人が消えてから出てきて食べる子、色々です。
上村さんも書いてましたが、人懐こくいるのは、この状態の村では非常なメリットになります。
散歩してもらえるし可愛がってもらえるし、猫は気づかれないと、餌ももらえない。
雪の中に猫が縮こまっている姿は、本当にかわいそうでした。
早くあったかいおうちに入れてあげたいね。
b0192980_2135179.jpg


名前がわかってるのもわからないのもいますが、仮名でもいいので名前をつけて、なるべく声をかけるようにすると、心なしかちょっと表情がゆるむ気がします。
運良く飼い主さんが一時帰宅されていたら、犬猫の名前や歳、帰宅頻度などをお聞きして、情報をいただきます。

山田さん相手にまだ腰がひけているビビりわんこゴン太。また今度、もうちょっと仲良くなれますように。
b0192980_230721.jpg

途中、車が民家アプローチから入れるかどうか見に行ってくれた美幸さんが、雪がかぶっている側溝にずぼっと腰まで落下する事故(軽傷)があり、一同冷や汗…一瞬消えたので焦りました。
ほぼ無人の村、車の轍なんてほとんどないし、道の端っこに印があるわけではないので冬は要注意です。

12時に役場で一旦集合する予定が2台ともスケジュールがおして、やっと最後に集合したのが18時半頃。
2台で39軒回ることができました。素晴らしいチーム!やはり道も凍っていたり、凍った門をハンマーで掘り出したりして、夏よりは時間がかかります。
凍った「やま」「かわ」宅の門を掘り出す美幸さん
b0192980_222362.jpg


南相馬の「和風亭もりのゆ」に宿をとり、お風呂であったまってバタンキュー。明日は浪江の「希望の牧場」で牛です。

ボランティアって、私も今回の大震災で初めてやってみようと思ったのですが、行くまでは「自分には無理」「自分とは違う種類の人がやることなんだろうな」と思っていました。
でも、本当に誰でもできることなのです。たいていは特殊な技術なんて必要ありません。
やってるのも、ごく普通の方が、仕事の合間とか、自分のできる形でやっています。
必要なのは、行ってみよう!という気持ちだけです。
だから、もし迷っている方がいれば、ぜひ一度飛び込んでみて欲しいです。
別に宗教じゃないし(!)、一度行ったからといって足を洗えなくなるわけではないし。
自分の目で見てみることは、とても大切なのです。何かが、変わります。そこから判断すれば良いんです。
と、何か偉そうに聞こえたら申し訳ないのですが、限られた人生、まず行動でしょ!という震災後の自分の気持ちです。

そしてこと福島に関しては、「遠い所で天災が起こってしまった」わけではなく、東京にいる他ならぬ私たちに、この状況を作り出した大きな責任があるということを考えなければならないと思います。
これからも続く事態であり、日本全国、世界中、どこでもこれから起こり得ることです。
再稼働や原発輸出している場合ではないのです。
早く飼い主さんと暮らせる日が来ますように。
b0192980_2232782.jpg


あらら、随分長くなっちゃった…

こちらは、道中を見守ってくれた、画家の町田尚子さん作のビューティフルこけしです。
b0192980_2241378.jpg

飯舘村で先日保護されたものの病院で亡くなった猫の「小春」が、春を迎え桜の下に座っている姿を描いたこけしと、チームリーダーIzumiさんの守護神れんちゃんこけし。
天国で見てるかな。

kiii
[PR]



by yun-ron | 2014-02-10 02:15 | 震災

シーモアに献杯

大好きな俳優、フィリップ・シーモア・ホフマンが亡くなった。
まだまだまだまだ、第一線で活躍できたはず。
惜しいの一言です。

この「ハピネス」という映画で、そのイカれっぷりにほれ込みました。
b0192980_030517.jpg

ポール・トーマス・アンダーソンの「ザ・マスター」や「ブギーナイツ」も素晴らしかった。

合掌。

♨む♨
[PR]



by yun-ron | 2014-02-06 00:31 | 映画

ぬっくい

自転車で言問橋を超えるとき、鼻がもげるかと思う寒さです。

これをひざに載せると、フカフカのアンカのようです。
b0192980_0252436.jpg

winwinの関係。

♨む♨
[PR]



by yun-ron | 2014-02-06 00:24 | 雲龍

ヒトコトないしフタコトミコト
by yun-ron
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

2017.1.22 飯舘村 ..
at 2017-02-03 00:29
あと7日(猫には1か月相当)
at 2017-01-08 00:53
たきびとたわし
at 2017-01-04 23:30
そして毎日は続いてく
at 2017-01-01 16:02
2016.12.27 飯舘村..
at 2016-12-27 23:50

ファン

ブログジャンル

画像一覧