日々是肉球

<   2012年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧




パイとマッサ・ヴェッキア

今日でめでたく仕事納め。嬉しい年末休暇のスタート。

時間は戻って、クリスマスの小ご馳走。

クリスマスっぽく、ホタテのパイ。
ニンニク、タマネギ、焼いたジャガイモ、ドライトマト、オリーブをよく炒めて、ホタテを加えてさらに軽く炒め、冷凍パイシートに包んでオーブンに放り込むだけ。思いつきで加えた隠し味は、大さじ一杯のラガヴーリン。スモーキーなピートの風味がホタテにベスト・マッチ。これは久々のヒット作。
b0192980_23341546.jpg

酒は、満を持して開けたマッサ・ヴェッキアの「ビアンコ」。トスカーナ旅行でワイナリーをを訪問した時に買ってきた1本。名前は「ビアンコ(白)」でも、色は濃いオレンジないし琥珀色。一般的な白ワインのイメージとはほど遠いけれど、ナチュラルでありながらドッシリと腰が据わった、滋味あふれる素晴らしいワイン。飲むほどに造り手の心意気がひしひしと伝わってくる。
b0192980_23384623.jpg

♨む♨
[PR]



by yun-ron | 2012-12-28 23:45 | 料理と酒

ジブリ

ジブリ美術館の話。

久々に上京していた妻の妹君と一緒に、三鷹のジブリ美術館へ。
何を隠そう、私も妻もジブリ映画が大好きで、宮崎駿監督のものは全て観ているし、ラピュタやナウシカやもののけ姫や紅の豚など、何度も何度も繰り返し観ている。(駿監督以外作品以外はあまり観ていないかも。)

吉祥寺から美術館までは、すっかり冬景色の井の頭公園を抜けて歩いて行く。
いい感じに枯れております、冬の散歩道。
b0192980_14235787.jpg

途中、古びた空き店舗の壁にこんな張り紙が。自然を愛しましょう。そうしましょう。こちらえ。
b0192980_14313872.jpg

右手に見えるカフェでひと休み。ひっそりした森の中にふさわしい静かな雰囲気で、冬にくつろぐにはうってつけの場所。クレープもおいしい。
b0192980_14281915.jpg

森を抜けて運動場を横切ると、木々に紛れて美術館が見えてくる。
見るからにこじんまりとしていて、そこがまたジブリらしい。
b0192980_14341585.jpg

館内には、アニメーションの仕組みがわかりやすくかつ芸術的に展示されていて楽しい。アニメーションの原型である「ゾートロープ」のからくりなど、思わず「なるほど」と唸ってしまう。
面白かったのが、アニメーションスタジオを再現した展示。1本の映画を作り上げるということが、どれだけたくさんのスタッフと労力が積み重ねの結果であるかが良く分かる。駿監督の映画を観たときに、「やっぱり他のアニメとは格が違うな」と感じるのは、色々な工程で全く手を抜かないからなのだろう。

小さな映画館も付いていて、15分間の短編映画を日替わり(月替わり?)で上映している。我々が観ることができたのは「ちゅうずもう」という日本昔話風の映画。おじいさんとおばあさんがねずみたちのためにこしらえるご馳走のおいしそうなこと。特に「さんま饅頭」は長野県(だったと思う)に実在するというから、気になって仕方がない。

屋上には実物大の飛行ロボットの銅像が。
b0192980_1454169.jpg

とても精巧に造られていて(こういうところも手を抜かない)、下から見上げるとなかなかの迫力。手もすごく大きい。
b0192980_15152194.jpg

後ろ姿もまた、哀愁が漂っていて趣きがある。こわれた横っ腹の穴から覗く、どこか内臓っぽい機械が、独特な温かみと妙な説得力を感じさせる。
b0192980_154050.jpg

アニメーションは、世界が認める日本のお家芸であり、「成長産業」としての位置づけも確立されてきたようです。宮崎駿監督作品のような、職人芸的で、「ゾートロープ」のようなアニメーションの歴史や成り立ちとのつながりを感じさせるものが創られ続けてほしいと思う。

♨む♨
[PR]



by yun-ron | 2012-12-22 14:33 | 映画

月夜の森

19:50、滑り込みで国民の義務を果たして参りました。

先週、今週と、土曜は連続でギャラリー・エフ恒例の冬の音楽イベント、「月夜の森」へ。

先週の土曜は、坂本美雨さんとおおはた雄一さんのユニット、「大雨」。
ほの暗い土蔵の中が、2人の放つ温かい空気で満たされる。涙なしのには聴けないレナード・コーエンの「ハレルヤ」から、ボブ・ディランの「ライク・ア・ローリング・ストーン」(和訳版)まで、多彩な歌の世界。おおはた氏のアコースティック・ギターと2人の生声が腹に沁みていく。

「どんな気分だい?眠る場所もないなんて。」

余談。
割と最近まで、「ライク・ア・ローリング・ストーン」は、とんがった石が河で流されて段々丸くなっていくさまをうたったもものだと思っていた。考えてみれば、ディランはそんな歌うたわないよな。

昨日の土曜は、友吉鶴心さんの薩摩琵琶。演目は、彼の「壇ノ浦」。
友吉鶴心氏は、NHK大河ドラマ「平清盛」で芸能指導を担当する薩摩琵琶の名手で、日本の芸能の伝統や成り立ちに大変造詣が深い。その姿や立ち居振る舞いからして、ただものならざる、近寄りがたいオーラを醸し出しておられる。・・・ように見えるが、大変気さくな方で、エフでお会いしたときに聞かせていただく一口話がとても楽しい。

終末は妻の妹さんが遊びに来ていたので、この機会にと一緒に三鷹のジブリ美術館に行ってきた。
ジブリについては、また改めて。

♨む♨
[PR]



by yun-ron | 2012-12-16 23:07 | 浅草

メランコリア

昨夜の、0:00過ぎ。
ベランダでウィスキーを飲みながら、流れ星を5つくらい目撃しました。残念ながら、願い事を唱える暇はなし。

ラース・フォン・トリアーの「メランコリア」。
息をのむほど美しくて、身が縮むほど息苦しい。この人は、何というものすごい映画を撮るのだろう。ワーグナーが頭にこびりついて離れない。
b0192980_2263074.jpg

b0192980_21563537.jpg

エンディングを見終えたら、最初に戻るべし。

ラース監督は、鬱病から回復したのだろうか。
「キングダム」の続編を撮ってくれないかなあ。

ともあれ、ふたご座流星群が地球に衝突することはなさそうです。

♨む♨
[PR]



by yun-ron | 2012-12-14 22:05 | 映画

白昼夢

久しぶりに整体に行ったら、身体が軽くなった。

パレルモ・シューティング。
白昼夢・イン・パレルモ。
b0192980_22434218.jpg

ヴィム・ヴェンダースは芸術家なんだなあ。

亡きデニス・ホッパーに献杯。

♨む♨
[PR]



by yun-ron | 2012-12-08 22:45 | 映画

さむ

午前0時をもって、36歳であります。
36・・・
[PR]



by yun-ron | 2012-12-06 01:06 | あれこれ

あかめ

先週の日曜。

久しぶりに師匠と釣りへ。

狙うはアカメフグ。玉砕覚悟の釣行だったけれど、何とか2匹で坊主は逃れた。
b0192980_2344295.jpg

正面から。
b0192980_2351667.jpg

東京湾のフグ釣りは年々難しくなっているような。

またしても竿をへし折ってしまった…


昨夜は妻セレクトのシチリア料理店で誕生日前の贅沢ディナー。
魚介メイン、素材重視の直球勝負。シンプルかつ奥が深い。エトナ山麓の産のワインも素晴らしい。久しぶりに、うまくて唸りました。あのピスタチオのリゾットは、どうやってつくるのかなあ。

釣りだのシチリア料理だの、こんな贅沢できるのも、仕事があるおかげだなあ。有難いありがたい。

♨む♨
[PR]



by yun-ron | 2012-12-02 23:20 | さかな

ヒトコトないしフタコトミコト
by yun-ron
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

2017.1.22 飯舘村 ..
at 2017-02-03 00:29
あと7日(猫には1か月相当)
at 2017-01-08 00:53
たきびとたわし
at 2017-01-04 23:30
そして毎日は続いてく
at 2017-01-01 16:02
2016.12.27 飯舘村..
at 2016-12-27 23:50

ファン

ブログジャンル

画像一覧