日々是肉球

<   2011年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧




歯医者

8年間お世話になったソファに別れを告げた。
週末、粗大ごみとしてトラックに載せられて、処理場に運ばれて行った。
見た目と値段のみで選んだ、たいそう座り心地のよろしくないソファ。
座面が破けて綿が飛び出たソファ。
そんなどうしようもないソファでも、居間からなくなってみると、その存在感の裏返しとしての欠落感と、一抹の寂しさを感じなくもない。雲龍にとっては、お気に入りの定位置だったしなあ。

新しいソファは、再来週末に到着の予定。
工場が茨城県にあるので、震災で納品が2か月以上遅れていたが、無事完成したとのこと。お別れした先代とは打って変わって、座り心地重視。

歯の詰め物が外れたので歯医者に行った。
最近の歯医者は、夜の10時まで診療している。サラリーマンとしてはとても助かるのだが、そこまでサービスしなくても…とも思う。歯医者も競合が多くて大変なのでしょう。

手始めに、歯科衛生士のお姉さんが念入りに歯石を取ってくれたのだが、これがなかなか、予想外に痛い。ドリル様の器械で歯茎を容赦なくつつくので、虫歯を削るよりもよほど緊張感があったが、大の大人が歯の掃除ごときで動揺する素振りを見せてはなるまいと、必死に平静を装っておりました。都合の良いことに、顔にはタオルが被せてあったけれど、おそらく、その道のプロである歯科衛生士はごまかされまい。眉間に寄ったしわを見なくとも、手足の引きつりで「お。痛がってる。」とお気づきのことだったであろう。

さて、もうすぐ7月。
本格的に暑くなってきたが、今年ももちろん、エアコンは(人間および猫の)身の危険を感じた場合のみ使用する所存。

フジロックの最終日、モグワイとウィルコか。ここ最近の我が2大ベストバンドじゃないか。山の夜に、ビールで脳みそふやかしながら聴いたら、さぞ気持ち良いだろうなあ。

♨む♨
[PR]



by yun-ron | 2011-06-29 00:13 | あれこれ

白いスティングレイ

日曜。

大久保まで、大学時代の先輩のライブを観に行ってきた。
敬愛するバンドマンたちは今でも楽器と一心同体に見えたし、レッチリの「cofffeeshop」に果敢に挑む対バンは、忘れていたものを思い出させてくれたように思う。

それから、札幌の友人のバンドが素晴らしい音源を届けてくれた。デリの皆様、ありがとう。

こういうことをきっかけに、バンド漬けだった札幌での学生時代のことを思い出すと、今でも心が温かいもので満たされる。そういえば、もう7、8年もまともにベースを弾いていない。どんなに仕事が忙しくても、ベース弾く時間くらい見つけられるはずだ。週末には、久しぶりにスティングレイをひざにのせてみようか。


先ほど、妻が石巻へボランティアに向かった。ご安全に。
自分も夏までにはもう一度…

原発。
簡単に割り切れる問題ではないし、自分の中でも考えを整理できてはいないのだけれど、原発の是非については、やっぱり「ノー」を唱えたい。
これまで享受してきた利便や浪費の数々については申し開きのしようもないし、「じゃあ、代わりにどうする?」という問いには答えることができない。それでも、この腹の底が冷たくなるような違和感は、自分にはどうしても無視できそうにない。

やっかいだからといって、自分の頭で考えることを放棄してはならない。思考を停止してはならない。あきらめてはいけない。
と、自分を戒める日々であります。

♨む♨
[PR]



by yun-ron | 2011-06-15 23:43 | 音楽

石巻へ

村上春樹さんのカタルーニャ国際賞受賞スピーチには深く共感しました。
自分がもやもやと考えていたことがはっきりと見えた気がしました。

好きなCMがあります。
美しい風景や建造物が次々に映し出され、最後に「人が想像できることは、必ず人の手で実現できる~ジュール・ヴェルヌ」という言葉が出ます。
原発のない世界や災害からの復興が果てしなく、不可能に思えるかもしれない。
でも私は、彼の言葉を思い出し、なんて力強い言葉だろうと思い、それを信じています。
春樹さんの言うことは、それに繋がっているようで、とても嬉しかった。

明日の夜行バスで、今度は石巻へ行ってきます。
また一日だけの弾丸ツアーですが、精いっぱい働いてきます。
本当は1~2週間くらいじっくり腰を据えてお手伝いしたいものですが、会社をなかなか休みづらいのと、食料や宿泊用具を全部持っていくとなると重装備になるため、日帰りボランティアバスはとても助かります。

会社の同僚は、有休を一週間使って、名取に個人でボランティアに行ってきたそう。行動力あるなあ。

友人のやえちゃんも、石巻動物救護センターでお手伝いしてきた模様。

みんなそれぞれできることをやっている。
私は友人のおかげで、ボランティア参加が身近なことを知り、一歩踏み出してみたら、自分にもできた。
特別なことでも、身構えることでもなかった。
普通の人が、自分のできる範囲のお手伝いをするだけでも良いのだとわかった。

現地の様子は今もさほど変わっていないようで、やはりまだまだ人手は必要なようです。
一歩一歩いくしかない。
ほんとうにまたささやかですが…安全第一で行ってきます。

kiii
[PR]



by yun-ron | 2011-06-15 01:09 | あれこれ

透明人間

髪をショートにした。
自分ではばっさり切ったつもりだったのだけれど、会社でもどこでも誰からも何も言われず、自分がもしかしたら人から見えていないのではないかと、自分自身の存在の不確かさを強く感じた週だった。
んな大げさな、と思われるかもしれないが、自分とは他者からの反射により確認できるものだと思うので、それがない即ち自分からは何も発されていない即ち自分自身は存在していないのでは、とそういう思考回路になっている私は云うなればマイナス思考という世のトレンドに逆行しているところにささやかな悦びを感じているので、そういう意味では自分は確かに存在しているらしい。
ネガティヴ版、我思う、ゆえに我あり。
めんどくさいな。

会社のコピー機の前に立った。
液晶画面には、「3/6」と表示されていた。
何かの進捗状況を表していたと思われるその数字が、刹那に「3月6日」に見えた。
3月6日、あの地震より5日前。
大切な人を亡くした人たちは、どんなにかあの日よりも前に戻りたいだろう。
戻れるものなら、戻りたい。
もう一度、会いたい。
そう想像したら、涙が出てきた。

もう少しで3ヶ月が経つ。
とりあえず、前を向いている被災地の人たちに、私たちが今できることは何だろう?
自分もちゃんと生きなくては。
透明でもいい。

kiii
[PR]



by yun-ron | 2011-06-05 23:22 | あれこれ

平和な週末

土曜。

我が心のオアシス的穴場スポット、八重洲地下街へ。目的はアルコール類のまとめ買い。この地下街にある「リカーズハセガワ」は、品揃え、価格ともに秀逸。ワイン12本とシングルモルトを1本(ノッカンドォ)。我ながらいいご身分だが、近所の酒屋でちょぼちょぼと買うよりも安上がりだったりする。特にシングルモルトは、ここが圧倒的に豊富で安い。100円から200円でほとんどの銘柄を試飲できるのも嬉しい。

週明けからブダペストへ出張する妻の壮行会という名目のもと、浅草の某店でフレンチ(?)をたらふく食ったところ、2人して腹をこわす羽目に。(※決してお店のせいではありません。単なる食い過ぎです。)
自分の腹は、ご馳走を食べると7~8割の確率でこわれるようにできているので、日常茶飯事ではありますが。

先週、髪を切っているときに、美容師さんから「スマップの中居氏と草薙氏はマープのCMに出ている」と聞いて軽い衝撃を覚えたが、どうやら育毛剤の間違いらしい。似ているようで大違いです。

いまだに新しいPCのキーボードに馴染めず、これだけ打つのに30分以上かかっている。

今の1曲:across the universe / beetles
名曲。
[PR]



by yun-ron | 2011-06-05 22:08 | 料理と酒

ヒトコトないしフタコトミコト
by yun-ron
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

2017.1.22 飯舘村 ..
at 2017-02-03 00:29
あと7日(猫には1か月相当)
at 2017-01-08 00:53
たきびとたわし
at 2017-01-04 23:30
そして毎日は続いてく
at 2017-01-01 16:02
2016.12.27 飯舘村..
at 2016-12-27 23:50

ファン

ブログジャンル

画像一覧