日々是肉球

<   2010年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧




みどりさん

先週、みどりさんとお別れをした。
元旦の交差点で短い挨拶を交わした次に
まさかこんな形で会うことになるとは思わなかった。

みどりさんが退院して、エフに来る機会があると聞いたとき、
またこれからエフで普通に会えるんだな、と思った。
あの夜、ほんの何百mか先に居たのに。
また今度、は二度と来ないんだと悔やんだ。

あんなに可愛らしい人はいなかった。
エフの前を通りかかると、ガラスの向こうでにこにこ笑って手を振ってくれた。
旦那様のギターの練習がうるさいとか、毒虫に刺されたと思っていたら帯状疱疹だったとか、
すっとんきょうなことも多かったけれど、どんなことも目をきらきらさせて話す。
年に一度の蔵の大掃除をきっと誰よりも楽しみにしていて、大はりきりの末に翌日寝込んでしまったり、三社祭もはっぴを作って大はりきりの末に翌日やっぱり寝込んでしまったり
あんなに魂がいきいき輝いているので
会った後は、いつも自然と明るい優しい気持ちになった。
彼女に会って厭な思いをしたことなんて一度もない。
みどりさんの笑顔以外を知らない。

棺の中、花に囲まれたみどりさんはそれは美しく
白雪姫みたいだった。
少し開いた口元が微笑んでいるようで
今にも起き上がっていつもの可愛らしい目がくるくる動き出しそうだった。

葬儀の教会は、みどりさんを慕うやさしい想いに溢れていた。
みんな彼女が大好きだった。

旦那様のみどりさんを想う気持ちにも打たれた。
40年間、あんなに愛されるとはどんなに深いことだろう。
数々の辛いこと苦しいことを昇華してしまう
人が人を思い遣る心とは
どんなに強いものだろう。

何度も思う。
また今度、は来ないんだと。
今、この時大切なものに触れておかないと、きっとまた次、はやって来ない。
やって来ることが奇跡なのだと。
明日元気な顔で家族や友人におはよう、ということも奇跡なのだ。
当然のことでは決してない。

むにのおばあちゃんが先々月亡くなった時もそう教えられた。
別れは人と人との繋がりを改めて示してくれる。
私たちの生命はこんなに多くの人と繋がって初めて生かされているのだと。

昔祖母が言っていた。
葬儀で家族や親戚、友人を一同に会させるのは
亡くなった人の最期の仕事、贈り物なのだと。
その人を一点に、私たちは繋がり合っている。

この世ではもう会えないけれど、次の世界でお会いすることを願って。
みどりさん、また今度。
そう言って、冷たい頬を撫でた。
本当にありがとうございました。
旦那様とはこれからもごはんを食べたりコーヒーを飲んだり
繋がっていきますので、どうぞ安心してください。

魂が慰められるような気がして、みどりさんのことと空を想いながら聴いています。
Pabro Casals
エルガー/チェロ協奏曲 ホ短調作品85
ブルッフ/コル・ニドライ 作品47

kiii
[PR]



by yun-ron | 2010-11-22 16:37 | 浅草

長い曲

13日に知人が亡くなった。62歳とは、なんとも若過ぎる。
最後に彼女の姿を見たのは元旦の夜。エフで年を越して、家に帰る道すがらばったり出会った。ご両親と一緒だったので、「おめでとうございます」と軽く挨拶を交わして、すぐに別れた。
実に穏やかで、明るくて、若々しくて、周りを和ませる方だった。もう一度お会いして、仲の良いご主人の愚痴(のろけ)をお聞きしたかったが、ついに叶わずお別れすることになってしまった。どうか、天国で安らかにお眠りください。

今週末は、札幌からディスチャーミングマン蝦名君とよしっこさんがやって来た。
彼らと話していると、なんとなく人生がカラフルになった気がする。ライブ前だったからあまりゆっくり酒を飲めなかったのが心残りだな。また来てください。それから「消してみな」と例の長い曲、実に格好良かった。ありがとうございました。

それから、小野寺氏とヤスの新バンド「シーズ・オブ・リズム」も、気持ち良い音を出してたなあ。

BushBashはとても居心地が良くて好感触なライブハウスだった。音もいい塩梅にナマっぽいし、酒もうまいし、ビーガン仕様のフードもうまかった。それにしても、小岩(!)にあんなハコがあったとは・・・

♨む♨
[PR]



by yun-ron | 2010-11-21 23:56 | 音楽

船長は足で舵をとる

父親が、御齢72にして、ついに弁理士試験に合格した。
チャレンジすること、推定17〜18回。
セコンド的な役割など何ら果たしてはいなかったが、何度もタオルを投げ込もうと思ったし、正直に言って、もう駄目だろうとあきらめてもいた。それでも「もう止めなよ」と口にしなかったのは、単に、試験勉強を生き甲斐にする他ないと考えていたからだ。
ここに来て、父親の姿にかくも心を揺さぶられることになろうとは・・・

文化の日は、敬愛する先輩とアオリイカを釣りに金谷へ遠征。
前日の夜の宴会が予想外に長引いて帰宅が12時を回り、1時間睡眠で臨んだが、アオリばかり11ハイと、自分としては納得の釣果。真面目にタナをとってはしゃくり、タナをとってはしゃくり・・・を繰り返した結果と思われる。
ただし、うち1杯(しかも一番でかいやつ)は、抜き上げにまごついている間に船縁にがっちりとへばりつかれてしまい、船長の巧みかつ強引なタモ使いでキャッチしていただいたから、自分の手柄とは言い難い。さらには、怒りのスミ攻撃をまともに顔面で受けて周囲の失笑を買う始末。
そういえば、考えてみれば、餌木だって先輩のとっておきを拝借していたわけで・・・

釣り方はともかく、自分の餌木を育てて、イカやタモの扱いに習熟しなくては。一人前にはまだまだ遠い。

足で巧みに舵をとる船長。
b0192980_235533.jpg

イカスミの流れ弾に染まった帆。
b0192980_23561143.jpg

船からノコギリ山を臨む。房総半島は美しい。
b0192980_23565669.jpg

刺身に、マリネに、味噌漬けに、パスタにと、イカ三昧の日々。それでもなお、冷凍庫はイカだらけであります。

♨む♨
[PR]



by yun-ron | 2010-11-10 00:08 | さかな

友達の温度

週末は北の国からナリィちゃんがやってきた。
早起きして焼いてくれたナリパン抱えて。

東京物語。
銀座をぶらぶら。銀座はいつもクリスマスみたいだ。
鳩居堂で喪中葉書と、うさぎ年の母のためにだけ雪うさぎの年賀状を買う。
上野の科学博物館、目黒寄生虫館で宇宙とはらのむしの仕組みをしっかり学んだ。
おぎとも久しぶりに会って、ワインを3本も空けちゃった。
ザキくんの話や、たまちゃんの話。
そこにいない大好きな人の話で盛り上がるのは、たのしい。
中目黒のラーメン居酒屋の店長が役者のように通る声でもりもり梅酒をついでくれて、おもしろかった。
そしてナリパンは最高!

お互いに少しずつ成長したりしているけれど会った瞬間変わらない距離になる
そんな感じが大人になったなと私たち。

札幌の空は雪雲がやって来ているのだろう。
会いたいな。

友達の感性と一緒に過ごすと、いつも気づくことができる。
そこにあったのだけれど、気づかなかったもの。視点と心を変えるだけで良い。

少し煙草を減らしてえらいね。
また来てね。

kiii
[PR]



by yun-ron | 2010-11-03 10:30 |

ヒトコトないしフタコトミコト
by yun-ron
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

ブログパーツ

最新の記事

2017.1.22 飯舘村 ..
at 2017-02-03 00:29
あと7日(猫には1か月相当)
at 2017-01-08 00:53
たきびとたわし
at 2017-01-04 23:30
そして毎日は続いてく
at 2017-01-01 16:02
2016.12.27 飯舘村..
at 2016-12-27 23:50

ファン

ブログジャンル

画像一覧