日々是肉球

十勝川温泉

実家、札幌をかすめて、早春の帯広は十勝川温泉へ行ってきました。

ほんの少し寄った札幌では、母校のキノルド記念館(通称キノ館)が、一時は解体の危機にあいながらも、大きな新築校舎の谷間にひっそりとがんばってました。ここに軽音の部室があったので、よく授業の合間にドラムたたいて(怒られて)たなあ。なつかしや。
b0192980_23403260.jpg


そして円山のインド料理名店「ミルチ」でやさしい味のカレーに舌鼓。昨今じゃがいもの消費量が落ちてきたとのことで、消費拡大キャンペーン中、ゆでじゃが無料サービス。びっくりするほど甘くておいしい。
b0192980_23405185.jpg


はじめて通る道東自動車道で、帯広まで3時間ひとっとび。日勝峠越えがないって、こりゃラクだわ。味気ないといえば、味気ないけれど。

宿の飯は、北海道産「ふっくりんこ」が滅法うまい。海の幸の味よりも、記憶に残るほど。あと十勝は豆!大豆ごはん、5種類の豆サラダ、とにかく滋味深い。大地の恵み。

朝の露天風呂からは、十勝川、遠くには日高山脈、帯広畜産大学の気球。鳥の声。さいこうだ!

早春の十勝川を散策し、山に抱かれる心地よさ。関東平野は、山がない。拠り所がない気持ちになるのです。森と川と空気。雪を頂いた山。それだけでなんだか胸がいっぱいになるのです。
b0192980_23412446.jpg


北の地を想うとき、いつも心に浮かぶのが、このふたつの詩です。

「やはらかに 柳あをめる北上の 岸辺目に見ゆ 泣けとごとくに」

「ふるさとは遠きにありて思ふもの  そして悲しくうたふもの」

どちらも北海道出身の方の作ではありませんが、帰ってきてからも、ふと雪山の枯れ木、その白と茶のコントラストを思い出したりして、涙ぐんでしまうのです。

みなさんの心象風景はどんなものでしょうか?
b0192980_23415818.jpg
b0192980_23421581.jpg
b0192980_23422913.jpg
b0192980_23443367.jpg
b0192980_23444737.jpg
b0192980_234575.jpg
b0192980_23453060.jpg
b0192980_23454065.jpg
b0192980_014823.jpg

kiii
[PR]



by yun-ron | 2014-04-30 00:02 |

ヒトコトないしフタコトミコト
by yun-ron
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

2017.1.22 飯舘村 ..
at 2017-02-03 00:29
あと7日(猫には1か月相当)
at 2017-01-08 00:53
たきびとたわし
at 2017-01-04 23:30
そして毎日は続いてく
at 2017-01-01 16:02
2016.12.27 飯舘村..
at 2016-12-27 23:50

ファン

ブログジャンル

画像一覧