日々是肉球

ディケンズ短編集

読書の秋。
ディケンズの短編集を読んだ。

ディケンズと聞いて思い浮かぶのは、(「クリスマス・キャロル」を除いて、)「オリバー・ツイスト」、「二都物語」、「大いなる遺産」など、1冊には収まらないサイズの長編、大作。
そんなディケンズが短編を書いているとは知らず、図書館で見かけて、「通勤のお供によさそうだ」と手に取った。

そもそもこれが自分の思い違いなのかも知れないけれど、ディケンズは「心温まる」物語を書く人だと思っていた。「世の中は辛くて苦しくて汚いことも多いけど、それでも人生捨てたもんじゃないよ」と、読み手を励ますような物語を。

しかし、この短編はむしろ、人間の狂気や醜悪さ、死の不気味さといったダークサイドが徹底的に掘り下げられていて、心温まるどころの話ではない。「狂人の手記」はディケンズ本人が狂っているとしか思えないし、「信号手」はこれまで読んだり聞いたりしたどんな怪談よりも背筋が寒くなる。

通勤のお供に求めていた心温まる時間は期待すべくもなかったけれど、そこはディケンズ、やっぱり読ませる。眉間にしわを寄せながらも(たぶん寄っていたと思う)、昼休みまで費やして一気に読んでしまった。
こういう暗い側面を徹底的に描くことができるからこそ、本当に読む者の心を温める物語を書くことができるのかもしれない。

人間が抱える表と裏、明と暗を行き来できる人々の作品には、深みがあると思う。例えば、映画でいえば、コーエン兄弟の「ビッグ・リボウスキ」と「ノー・カントリー」、デビッド・リンチの「ストレイト・ストーリー」と「インランド・エンパイア」。「ツイン・ピークス」なんて、数分ごとに行ったり来たりしている。

♨む♨
[PR]



by yun-ron | 2011-10-23 22:43 |

ヒトコトないしフタコトミコト
by yun-ron
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

2017.1.22 飯舘村 ..
at 2017-02-03 00:29
あと7日(猫には1か月相当)
at 2017-01-08 00:53
たきびとたわし
at 2017-01-04 23:30
そして毎日は続いてく
at 2017-01-01 16:02
2016.12.27 飯舘村..
at 2016-12-27 23:50

ファン

ブログジャンル

画像一覧