日々是肉球

江戸

連休であります。秋は気候もいいし、連休も多いし、いいですね。

土曜。

自転車で両国の「江戸東京博物館」へ。こんなに近くに住んでいるのに、まだ行ったことがなかった。ちなみに、国技館も行ったことありません。

入場すると、まず日本橋のレプリカを渡って展示コーナーへ。のっけから演出過剰な気もするけれど、薄暗い照明と高い天井は、いかにも「博物館」的な雰囲気。夕方近いからか人はまばらで、ゆったりと見物できる。

江戸の町並みを再現した精巧なジオラマを双眼鏡で覗いたり、輿に乗り込んでみたり、徳川家の家系図や古地図や年表を眺めたり、纏(まとい)や千両箱を持ち上げてみたり、菓子屋番付で知っている店を探したり、大岡越前や水戸黄門のことを思い出したり、印刷技術に感心したり、浄閑寺の由縁にしんみりしたりしたりしていると、あっという間に2時間以上経過している。まだ半分くらいしか見終えていないが、夕食の予約をしているので出なければならない。またゆっくり見物しに行こう。JAF会員だと、入場料が割引で600円が480円になるし。

夕食は大好きな人形町のピッツェリアにて。窯で焼いた香ばしいピッツァ(もちもち系)はもちろん、一品料理もデザートもワインもサービスも素晴らしい。2、3カ月に1度、無性にピッツァが頬張りたくなると、このお店にお邪魔することになる。

タコのフリットやらジロール茸(アンズ茸)のピッツァやらモッツアレラチーズとトマトソースとルッコラのピッツァやらバナナとチョコチップのジェラートやらを平らげ、ワイン(レフォスコなる赤の土着品種。初耳。)を1本空けたら、身動きとるのが面倒なくらい腹がくちくなった。

それにしても。
東京って、本当に富(というと語弊があるかもしれないけれど)が集中している。
さんざんその恩恵に与っているわけで、生活する分には実に便利で楽しいのだけれど…ちょっと行きすぎているように思える。自分の終の棲家はどこにすべきだろうか。東京ではないどこかであるように思えるけれど、具体的なイメージが浮かばない。

日曜。

贅沢だなあ、と若干の罪悪感を感じつつ、浦安の吉野屋へフグ釣りに。
専用の道具の力を実感した先日のカワハギとは違い、キス用の竿で臨む。キス竿ではフグの微妙なアタリを察知できないのはこれまでの経験でよくよく承知しているけれど、年に数回の釣りのために、そうそう道具ばかり買い揃えるわけにもいかない。

好天の連休中日ということで、船宿は大混雑。休日はたいてい混んでいるが、これはちょっと凄まじい。女将さん曰く、ここ数年で一番の入りとのこと。今が旬のカワハギは3艘で出船。フグ船もぎゅうぎゅう詰めの30人。

大貫沖の海苔棚付近で、観音様を横目に竿を垂れる。海苔は、棚に芽が着いてきたところとのこと。万が一にも芽を傷めることのないよう、慎重に操船する船長。
b0192980_2156156.jpg

開始直後に良い型のアカメ(ヒガンフグ)を上げて意気揚々、この調子で…と意気込んだものの、その後はさっぱり。結局2匹で納竿。アタリを取るどころか、餌さえ滅多についばんでもらえなかった。いやはや。難しいったら。
b0192980_21514997.jpg

なかなか思ったとおりにはいかないのが自然相手の道楽の醍醐味であります。

♨む♨
[PR]



by yun-ron | 2011-10-09 21:18 | あれこれ

ヒトコトないしフタコトミコト
by yun-ron
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

2017.1.22 飯舘村 ..
at 2017-02-03 00:29
あと7日(猫には1か月相当)
at 2017-01-08 00:53
たきびとたわし
at 2017-01-04 23:30
そして毎日は続いてく
at 2017-01-01 16:02
2016.12.27 飯舘村..
at 2016-12-27 23:50

ファン

ブログジャンル

画像一覧