日々是肉球

2016.4.16 飯舘村 花爛漫とフレコンの山と

先日の飯舘村はこれまでで一番気持ちの良い天気でした。
暑すぎず、寒すぎず、桜も7分咲きで初めてお花見もできたし、スイセンや野の草花もブルーミン!
ほんとうに美しい村だなあと思います。ああ、ほっこりした。
しかしその美しい景色の向こうには、真っ黒なフレコンバッグの山。
b0192980_141229.jpg

タロウと散歩してる桜並木のコースの横にも、フレコンバッグ。
お庭にも、公園にも、フレコンバッグ。
森の中にも、フレコンバッグ。
どうすんだ、これ!

原発って、こうなるんだョー という小さな叫びも、重機の音にかき消され…

1 山木屋
2 比曽坂
3 杉林
4 コロ宅の納屋
5 集荷所
6 たぬ(捕獲器かけましたがやせミケかからず…代わりに小柄の茶トラをみかける)
7 ゲート前
8 ムク(左後ろ足に血が付いて軽いケガ?)
9 マメ
10 ブルーシート
11 小春
12 犬シロと猫たくさん
13 バス停
14 サロン
15 工務店
16 工務店裏
17 石材店
18 大火
19 タロウ
20 親子西
21 東
22 ゴン納屋(耳カットされてないシャム風の猫と初体面)
b0192980_13592073.jpg

23 ヒメ
24 クー
25 蔵の丘
26 花卉農家
27 チーズ(帰宅されてたのでおやつだけ)
28 マァマァ
29 ピッコロ

写真はこちら★

に訪問しました。猫遭遇率は低め。耳ダニの季節がはじまりました。
b0192980_14135134.jpg


毎回、東京に帰ってきて日常生活を送る罪悪感。
「あちら」と「こちら」を分けてるものはなんなのか?

うちの猫と、村の猫。違いはないもんね。猫だもん。

「あちら」と「こちら」を分けてしまったのが私たちなら、もう一度、隔てのない世界を作るのもできるはず。

できる人が、できる時に、できることを。

チーム銀次の合言葉みたいになってます。

ほんとに、知って、とりあえずやってみて、良かった。
微々たる力だし、向かってる先も見えないけれど。
少なくとも知らないで死ぬよりはずっといい。

今回も、フードは浅草ギャラリー・エフに寄せられた仁義箱から買うことができました。カフェに立ち寄って募金をしてくれる方。チャリティー手芸品やお菓子を作ってくださる方。芸はないけどクルマの運転はできる健康なヒト(私)。毎日村へ通っている日比さん、ほかのボランティアさん。シェルターと警戒区域を病院をたった一人で爆走する福猫舎の犬班Aさん。
チカラは様々だけど、一人より、ふたり。ふたりより、みんな。そんな支えで何とか続いているのを感じます。

kiii
[PR]



by yun-ron | 2016-04-24 13:59 | 震災

ヒトコトないしフタコトミコト
by yun-ron
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

フォロー中のブログ

最新のコメント

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

2017.1.22 飯舘村 ..
at 2017-02-03 00:29
あと7日(猫には1か月相当)
at 2017-01-08 00:53
たきびとたわし
at 2017-01-04 23:30
そして毎日は続いてく
at 2017-01-01 16:02
2016.12.27 飯舘村..
at 2016-12-27 23:50

ファン

ブログジャンル

画像一覧